みをつくし料理帖ドラマ原作小説のネタバレと感想!涙活におすすめ!

黒木華ちゃん主演でドラマ化された
「みをつくし料理帖」

 

ヒロインの澪は下がり眉の設定で、
黒木華ちゃんはイメージにぴったり!!!

 

他のキャストも
イメージ通りの人が多くて
原作ファンの私も
ドラマ版気に入っちゃいました。

 

そんな「みをつくし料理帖」の原作。

 

なんと10巻もあります!!!

 

初めて原作を手に取ったときは
「10巻もあるんだ…
全部読めるかな~」
なんて思った私。

 

とりあえず1巻を…
と読んでみたら…

 

面白すぎぃぃぃ!!!

 

続きが気になる、2巻もゲット!!!

 

やっぱり気になる、3巻もぉぉぉ!!!

 

という繰り返しで、
あっという間に10巻制覇(笑)

 

ベストセラーになるだけの
ことはあるな~っと思いました。

 

江戸が舞台の時代小説ですが、
すごく読みやすいんです。

 

時代小説に慣れていない私も
入り込んじゃいました。

 

そしてなんと言っても…
泣けるんですよ~

 

電車で読んだのは
完全に失敗でした。

 

「うう…泣くな私…」
と思ってもボロボロと(笑)

 

花粉症のふりして乗り切りました!!!
(乗り切れたのか?w)

 

泣けると言うと
「かわいそうな話なの?」
と思わせてしまうかもしれません。

 

確かに、澪たちに降りかかる災難が
かわいそうなときもあります。

 

でも澪たちが乗り越えていく姿に、
同情とは違う『感動の涙』が
流れちゃうんです!!!

 

是非いろんな方に
読んでもらいたい…ということで、
「みをつくし料理帖」
原作についてお話します♪

 

→「みをつくし料理帖」を無料で試し読みする

※サイトで「みをつくし料理帖」と検索

 

「みをつくし料理帖」原作のあらすじ

ヒロイン・澪は
上方生まれの18歳です。

 

幼い頃に水害(1802年)で
両親を失い、
幼なじみとも生き別れに
なってしまいました。

 

でも運よく料理屋
「天満一兆庵」で
奉公できることになります。

 

大将も女将もいい人だし、
澪は料理人の腕も
見込まれていたのですが…

 

お店が焼失してしまうんです。

 

江戸店を任されていた
息子の佐兵衛を頼り
江戸に来た3人。

 

しかし佐兵衛は行方が
わからなくなっていて…

 

途方に暮れる中、
蕎麦屋での仕事を
得ることができました。

 

でも上方の味と
江戸の味は全然違って…

 

ここから、澪の本当の
料理修業が始まります!!!

 

 

「みをつくし料理帖」登場人物紹介

澪…黒木華

18歳。

「貧乏くせえ下がり眉」なんて
言われちゃうこともある澪。

その外見のイメージもあって
「頼りない子なのかなー?」
なんて思いながら
読み始めましたが…

本当はすごくたくましくて、
度胸もあります!!!

江戸での苦難に耐えて
たくましさレベルもどんどんアップ。

成長していく
澪の姿から目が離せません。

(そして怒ると結構コワイ笑)

 

芳…安田成美

48歳。

「天満一兆庵」の元女将。

澪と血のつながりこそありませんが、
母のように守り、
料理人の精神も教えてくれます。

芳は厳しいながらも
ものすごーく温かい人。

こんな上司に恵まれ、
江戸でもずっと一緒にいられる澪は
なんだかんだ
運の強い子だと思います♪

芳は行方不明になった
息子の佐兵衛のことが
心配でたまりません。

佐兵衛~
どこにいるんだぁぁぁ!!!

 

種市…小日向文世

澪が働く「つる家」の店主。

若くして亡くなった
娘のつると澪を重ねており、
とてもよくしてくれます。

お茶目で優しい種市。

種市の登場シーンは和みます。

 

→ドラマの無料視聴はこちら

 

「みをつくし料理帖」まずはネタバレなしの感想

澪が災難に見舞われたり、
つらい境遇にいるキャラがいたり、
とせつないところもある
「みをつくし料理帖」。

 

それなのに、
すっごく心が温まるんです。

 

人情味が溢れまくっていて、
心が洗われちゃいます。

 

また、料理帖というだけあって
毎回いろんな料理が物語に登場します。

 

これが~!!!
どれもおいしそうで…

 

夜に読むとお腹が
空いてしまいます(笑)

 

「みをつくし料理帖」を読んでいる間、
和食ばっかり食べていた
影響を受けやすい私(笑)

 

本の最後に、出てくる料理の
レシピがついています♪

 

でもこれ、私がまねしても…
おいしくならないんだよねー(笑)

 

話を戻して…

 

ドラマは全8回です。

 

6月17日(土)に
第5回が放送されますね。

 

HPであらすじを読みましたが、
3巻の内容でした。

 

となると、ドラマは
10巻の内容には至らず
終わっちゃいそうですね。

 

でも「みをつくし料理帖」は、
最終巻での感動を
味わわなきゃダメです!!!

 

ドラマを見終わったら、
是非原作で続きを楽しんでほしいです♪

 

→「みをつくし料理帖」を無料で試し読みする

※サイトで「みをつくし料理帖」と検索

 

「みをつくし料理帖」1巻までのネタバレ

澪がずっと会いたいと願っている、
生き別れた幼なじみ・野江。

 

悲しいことに、
野江は吉原に売られ
遊女になっていたのです。

 

花魁として
普通の遊女とは違う待遇を
受けているとはいえ、
澪はつらくて心配でたまりません。

 

ただでさえ友達のことが心配なのに、
自身もライバル店に
ひどい嫌がらせを受ける澪。

 

そんな澪に、
野江は十両という大金を
見舞金として届けてくれるんです。

 

このくだりは涙ボロボロで、
こうして書いているだけで
泣けてくるんですけども(汗)

 

澪は野江のために
何かしてあげられるのでしょうか?

 

女の料理人として差別されることが
あってもめげずに頑張る澪。

 

男の極楽・女の地獄、
と言われる吉原に
閉じ込められる野江。

 

女性はいつの時代も立場が弱くて…

 

それでもたくましく
生き抜こうとする澪たち。

 

女性は特に感情移入して
読めると思います♪

 

締めくくりは澪の○○事情!!!

2巻までのネタバレありです!

 

*********

 

やっぱり年頃の女の子が
主役だと気になるのが
恋愛事情ですよね~。

 

恋の相手になりそうな登場人物は、
武士の小松原様と医師の源斉先生

 

それともこれから新キャラも!?

 

でも2巻の最後で、
澪が小松原様に
恋をしていることがわかり…

 

え~~~~~!!!!!

 

私は源斉先生推しなのに!

 

こ、ここから
心変わりしてくれないかな…?

 

澪の恋の行方が気になります!

 

皆さんも
是非読んでみてくださいね♪

 

→「みをつくし料理帖」を無料で試し読みする

※サイトで「みをつくし料理帖」と検索