アキラとあきら原作小説のネタバレと感想!ドラマ動画無料視聴はココ

池井戸潤さんといえば、
本にはあまり興味がない方でも
名前を聞いたことがあるのでは?

 

書く本書く本
ベストセラーばかりだし、
「半沢直樹」
「下町ロケット」など
ドラマ版も人気ですもんね♪

 

そんな池井戸潤さんの新作
「アキラとあきら」

 

 

発売間もないのにすでに
ベストセラー!!!

 

しかも発売前から
ドラマ化決定してるとあっては、
期待しちゃいますよね~。

 

早速ゲットして読んでみたら、
期待を裏切らぬ面白さ。

 

これだけ売れてたら
次作へのプレッシャーも
あるでしょうに、
それを吹っ飛ばしちゃうほど
才能に溢れているのですね~

 

向井理さんと斎藤工さん主演
「アキラとあきら」
原作をご紹介します♪

 

君の名は。バナー

 

「アキラとあきら」原作のあらすじ

物語のはじまりは1970年代前半。

 

タイトルからわかるように、
2人のあきらが主役です。

 

零細工場の息子・山崎瑛。

 

大手海運会社東海郵船の
御曹司・階堂彬。

 

全然立場の違うあきら達の人生が
小学校高学年の頃から
交互に語られます。

 

2人が一瞬すれ違うことなどは
あるのですが
関わりはありません。

 

でもそんな2人の人生が
交差する瞬間がやってきて…?

 

→「アキラとあきら」を無料で試し読みする

※サイトで「アキラとあきら」と検索


「アキラとあきら」原作の感想

タイプも育ちも違う
あきら達ですが、
どちらもとっても
魅力的なキャラです。

 

とにかく優しい山崎瑛。

 

親の工場経営が
失敗したために貧しい暮らしでしたが
人としての品性が
素晴らしいのですよね~。

 

ただ優しいだけじゃなく
しっかり者ですし♪

 

そして金持ちの御曹子、
階堂彬。

 

一見冷たいようにも見えますが
冷静なだけで、
性格が悪いわけじゃありません。

 

すごく頭がいいし
鼻持ちならないタイプなのか?
と思わせてそうではなく、
行動がいちいち
かっこいいんです(笑)

 

(ちなみに私のタイプは
山崎瑛ですw
優しい人が好きw
階堂彬はなんか完璧すぎて
彼氏にはしたくないですw)

 

あきら達が大学生~社会人に
なる頃から、
「あっ2人の人生が
こういうふうに交差するんだ!」
とわかってきます。

 

それまでは、この2人に
どう関わりがあるのか
全然わからなかったので、
ワクワクしましたよ~

 

そこに至るまでが長いので
じらされている感じもいいのです。

 

あきら達が小学生の頃が
1970年代前半なので、
2人の青年時代に
バブルや好景気が絡んできます。

 

バブル時代を
知らない世代としては
かなり興味深かったですね。

 

物語のメインじゃないんですけどさ、
いいよねこの好景気…

 

一度味わってみたかったよ…

 

就活で会社のほうから学生に
ラブコールがくるようなシーンとか、
就職氷河期以降の世代としては
いじけたくなりましたw

 

まとめ

Wowowでドラマが放送中ですね。

→WOWOW公式サイトはこちら

 

苦労人の瑛が斎藤工さんで、
御曹子の彬が向井理さん。

 

うーん、個人的には
俳優さん本人のイメージは逆…

 

でもちゃんと人物を
作ってそれぞれに
なりきっているのは
さすが役者さんですね♪

 

今後の展開が楽しみ~

 

WOWOWでの放送が終了したら
他の動画配信サービスでも
配信が始まるかと思うので、
また情報を追記していきたいと思います。