帝王の娘スベクヒャンマックム役のイミドがいとうあさこに激似!

極悪人が出てこないから
泣きに泣ける人情時代劇
「帝王の娘スベクヒャン」

 

2017年8月BS11で放送中なので
友人にオススメしていた私。

 

先日友人から
「見てるよ、面白いね!」という
電話がかかってきて。

 

こんな会話に↓

「見てくれてありがと、ハマるよね~」

「うん、毎日楽しみだもん!
泣けるだけじゃなくて
笑えるシーンもいっぱいあるのがいいよね」

「だよね~。あ、そうだ。
ヒロインの母親の侍女だった
マックムっているじゃん?」

「あ、待って!
言いたいこと当てるから!
『いとうあさこに似てる』って
話じゃない!?」

「当たり!w よくわかったね」

「だって似すぎだもん!
ドッペルゲンガーかと思ったよ

 

なんか声まで似ている気がする
というところでも意気投合w

 

ほら。

 

 

ほら。

 

 

ほ〜ら。

 

 

やっぱり似てますでしょ!?w

 

いとうあさこさんに
激似のマックム&演じるイミドさんを
ご紹介します♪

 

▼▼▼韓流ドラマの無料視聴ならココ▼▼▼

 

イミドさんのプロフィール

生年月日:1982年5月25日
本名:イ・ウネ
身長:168cm
学歴:漢陽大学校演劇映画学科

 

イミドさんの略歴

2004年映画『バレー教習所』
デビュー。

 

2011年『恋は命がけ』
ヒロインの友人役を演じて
顔を知られたそうです。

 

『運命のように君を愛してる』
のヒロインの姉役も
印象に残りましたよね♪

 

他には『私は王である!』
『未来の選択』などに
出演されています。

 

→イミドさんの出演ドラマをもっと見てみる

※サイトで「イミド」と検索

 

「帝王の娘スベクヒャン」での役どころ

チェファはヒロイン姉妹の母。

 

娘時代は
何不自由なく暮らしていましたが
父が逆賊になってしまいます。

 

王の娘ソルランを身ごもったまま
逃げざるを得ませんでした。

 

マックムはチェファの
侍女だったのですよ。

 

優しいチェファはマックムのことを
妹のようにかわいがってくれていました。

 

マックムはチェファを助けられないまま
自分だけ生き延びてしまったことに
責任を感じています。

 

それでチェファを探し続けているんです。

 

マックムは逃げるときに王の重臣から
口封じとして大金をもらいました。

 

それをもとに商売を始め成功。

 

仕事で得たお金をつぎ込んで
チェファを探し続ける姿が泣けます…

 

『スベクヒャン』では
人が人を大切に思う気持ちが
至るところで描かれているので
感動しまくりなんですよね。

 

実はマックム、
まだチェファが逃げたばかりの頃に
チェファを見つけそうになります。

 

チェファを助け出しおぶって
隣国まで連れて行った使用人の
クチョンを見かけるからです。

 

でもチェファに片想いしているクチョンは
今の生活を失いたくなくて
さっと身を隠してしまいます。

 

このシーンは本当にせつないし、
いろいろ考えさせられちゃいました。

 

マックムから逃げるのは
チェファの安全のためでもあるけれど
一緒にいたいからでもある…

 

いや、チェファを失いたくない
思いのほうがずっと勝っていたはず。

 

自分の心がわかるからこそ
クチョンは辛かっただろうな~

 

胸が痛くなります。

 

マックムは脇役ではありますが、
彼女を通していろんなキャラの
想いが伝わってくるんです。

 

なかなかの重要キャラですよ。

 

真相解明の鍵を握る人物でもあるので、
注目して見てみてほしいです♪

 

▼▼▼韓流ドラマの無料視聴ならココ▼▼▼

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

いとうあさこさんは
イミドさんのことご存じでしょうかね?w

 

是非知ってもらいたいですw