女子的生活ドラマ原作小説のネタバレと感想!あらすじも紹介!

2018年1月からNHKドラマ10
「女子的生活」が放送されます。

 

ヒロインはトランスジェンダー”女子”。

 

 

美しい容姿をもち、オシャレな
「女子”的”生活」を楽しむ主人公
・みきを演じるのは志尊淳さん!

 

明るくポップに、コミカルに
日常のモヤモヤをぶっ飛ばしていく
痛快ガールズストーリーです♪

 

今回はそんな「女子的生活」の
あらすじや原作小説について
ご紹介したいと思います!

 

女子的生活のあらすじ

ヒロイン・みき(志尊淳)
ファストファッション会社で働くOL。

 

“かわいい女子的な生活”に憧れ、
田舎から都会に出てきました。

 

ですが、みきにはトランス
ジェンダーであるという
大きな秘密がありました。

 

見た目はスラリとした美人
ですが性別は男性、しかし
恋愛対象は女性という
“複雑な”人物なのです。

 

みきは同僚で良き理解者でもある
かおり(玉井詩織)や先輩の
仲村(玄理)と共に、忙しい
ながらも充実した「女子的生活」
を満喫していました。

 

そんなみきのもとに、ある日、
同級生だった後藤(町田啓太)
という男が転がりこんできます。

 

みきの姿に戸惑う後藤ですが、
「お金がなく頼る人間がいない
ので助けて欲しい」と言い、
みきは合コンセッティングを
条件に渋々承諾、二人の奇妙な
共同生活が始まりました。

 

そして合コン当日、みきの
前にゆい(小芝風花)という
自然派気取りの女が現れます。

 

みきとゆいは、「女」同士の
バトルを繰り広げることに・・。

 

いいやつだけどみきをちょっと
イラつかせることもある後藤との
共同生活の中で、みきにふりかかる
「日常」に潜むいろんなモヤモヤや
立ちはだかる問題はさまざま。

 

ですがみきは智恵と勇気と
現代のツールを駆使し、
圧倒的な自己肯定力をもって
ぶっとばしていきます。

 

悩みながらも顔を上げ、
好きなもの、大切なもの、
譲れないものに向かって
胸を張り突き進む彼女の姿に
誰もが勇気付けられるはず。

 

トランスジェンダーという
デリケートな題材ながら
明るくポップにコミカルに、
そしてちょっと切なく描く
痛快で爽快な物語です!

 

原作小説の感想を紹介

「女子的生活」は、坂木司さんに
よるライト文芸短編小説
です。

 

もともとは文芸誌「yom yom」の
読み切り競作企画にて掲載され、
それが好評を博したため全6回に
渡って連載化、その後2016年8月に
新潮社より刊行されました。

 

”最強デトックス小説”と呼ばれる
ように、日常の理不尽なモヤモヤ
をぶっとばして読めば胸がスッキリ
する痛快で爽快なストーリーが
最高に気持ちいい!と反響を
呼んでいます!

 

そんな「女子的生活」原作小説の
読者の感想をご紹介します♪

 

なるほど、だから女子的なわけか。見かけは本物以上に女子的なミキ。そして中身もかわいい女子…ではない!(笑)かなり骨太な女子です。いつもなにかと闘っているその姿は、頼もしいの一言に尽きます。あれこれと難題を抱えてきたミキの生き方ゆえの、仁王立ちが似合う細身の背中が誇らしい。清々しさと、壁にどっしんどっしんぶつかりながらも世間を渡り歩く力強さにエールを。

 

オシャレなガールズライフを
楽しみながら様々な人と関わる
中での闘いに、真正面から
ぶつかっていく姿をパワフル
かつコミカルに描いた本作。

 

日常にストレスを感じている
全ての人に読んで欲しいです!

 

みきの生き方、感じ方、人と接し方が、長年身体も意識も女性でやってきた私より、ずっと女性的だと思った。そう思うと、女性的、男性的って何を根拠としているのかと考えさせられた。そして、後藤もいいやつだ!

 

「みきは女性である自分より
よっぽど女性だ!」という声は
かなり多く、みきの女子力の高さ
には姿勢を正される思いです・・

 

トランスジェンダーの中でも
マイノリティという複雑な
人物でありながらも自分に自信を
もち、ネガティブな部分や悩みも
パワーに変えていくみき、
かっこいいです!

 

性差について、LGBTについて
考えるきっかけになる作品です。

 

今も昔も変わらない女の子のマウンティングには少し疲れを感じました。男の子もそうか。人は格付けしあわないと生きられないのかな。あ〜生き辛い。そんな中でみきは両親、同僚、後藤と丸ごと受け止め受け入れてくれる人たちがいて幸せかも。どんな人も生きていくって大変だけど、味方がいるのは最大の力になるから。最後にはスッキリ明るい気分になれました。坂木さんの作品はいつも微量の毒入り。私はそこに惹かれるのですが、今作は毒多め。ドラマ化なんですね。この毒がどう調理されるのか興味があります。

 

日常に潜むちょっとイライラ
モヤモヤさせられる人たち・・

 

でもなかなかそんな気持ちを
表に出すことって難しかったり
しますよね。

 

みきはそんな「あーいるいる!」
と思わず言ってしまうような
人たちをズバッとぶった斬って
いってくれます!

 

ゆえに普段の自分はどうだろう?
と考えさせられ、ドキっとすることも・・。

 

でも読後感はスッキリ!
明るく前向きな気持ちに
なれる作品です!

 

ちょっとだけネタバレ※ネタバレ注意

全6話で構成された「女子的生活」
ですが、今回のドラマでは
全4回となっています。

 

内容や最終回はどうなるのか
気になっている方も多いと
思いますので、ちょっとだけ
ネタバレしていきます♪

 

※ネタバレ注意!!

 

ひょんなことから転がりこんで
きた後藤との共同生活が始まった
第1話ですが、第2話からがっつり
戦闘モードに入ります!

 

合コンに参加することになった
みきと同僚で友人のかおり。

 

参加女子達それぞれが男ウケを
狙った服装や、逆に”男ウケ狙って
ません”風で男ウケを狙う女子、
そして会話の端々に潜む牽制・・

 

女子達の水面下で繰り広げられる
心理戦がバチバチ火花を散らし、
妙にリアルで怖い!

 

そんなまさに”女同士の闘い”
に挑んでいきます。

 

そして次は高校の同級生で
後藤の友達・高山田との闘い。

 

トランスジェンダーであるみき
を見下して精神的優位に立つ
というストレス発散目的で現れた
高山田とみきはどのように
対峙していくのでしょうか。

 

さらにみきは無意識の差別や
結婚についてかおりと悩み
考えを深めたり、再び合コン
に参加したり・・

 

そして最終回はというと、
とある理由で家に押しかけてきて
ストレートにみきに差別的発言を
ぶつけてくる男。

 

そんな男に対して、これまで
イライラさせられつつも
お互いを受け入れ信頼関係を
築き始めていた後藤がキレる!

 

「俺の大切な友達だ!」と
熱血でかっこいい後藤の姿に
ちょっとほろっとさせられます。

 

全4回という少ない話数のドラマ
なので原作通り忠実に、という
ことは難しいと思いますが
どのようなドラマに仕上がる
のか楽しみですね!

 

原作も評価が高く面白いので
是非読んでみてください♪

 

まとめ

トランスジェンダーという一見
重いテーマではあるものの、
みきの突き抜けた明るさや
堂々としたポジティブさで
ポップでコミカルに、痛快な
ストーリーになっている
「女子的生活」。

 

多くのストレスと戦いながら
過ごしている現代人にとって、
生活のヒントになったり背中を
ポンと叩いてくれるような
活力溢れる作品です♪

 

そんな「女子的生活」は
2018年1月5日~毎週金曜
22時からスタート
です!

 

美しすぎる主人公・志尊淳さん
や個性豊かなキャスト陣にも
是非注目してみてください!