Menu
Close 

   

ちょっと今から仕事やめてくる(映画)原作小説のネタバレと感想!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

仕事に疲れ果てた主人公が
衝動的に自殺しそうになり、
ある人に助けられる…

 

仕事をしている人なら
誰もが共感できそうな物語、それが
「ちょっと今から仕事やめてくる」です。

 

突然ですが白状しますと、
あまり期待しないで読み始めたんです。

 

理由はレーベルが「電撃文庫」で、
いわゆるライトノベルだったから。

 

ライトノベルって
ほとんど読んだことがなかったんですが、
あまり興味が持てませんでした。

 

イメージとしては
『ドーーーーーーン!と音がした』
みたいな文章ばっかりなのでは? とか。

 

オタク男子が
表紙イラストにあるみたいな
美少女系の女の子と
恋に落ちる、とかばかりなのでは?

 

そういうふうに思い込んでいて…

 

でも、

 

すみませんでした!!!

 

私が間違っていました!!!

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」
は普通に文章うまいし、
読みやすいし、
伏線たくさんで謎解き要素もあるし…

 

何これ面白いんだけど!???
って感じでした。

 

偏見はよくないですね~

 

これからラノベもチェックしよう!
と私に決意させた
「ちょっと今から仕事やめてくる」
について暑苦しく語っちゃいます!

 

以下ネタバレを含みますので
先に無料の試し読みからどうぞ♪

 

サイトで「ちょっと今から仕事やめてくる」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ちょっと今から仕事やめてくる」で検索してね

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」のあらすじ

主人公は青木隆、社会人一年目。

 

働き始めて半年足らずですが
休日出勤や残業で疲れきっています。

 

無意識に線路に
飛び込みそうになって…

 

そこを「ヤマモト」と名乗る男に
助けられます。

 

同級生だったと言われるのですが
隆の記憶にはありません。

 

覚えているふりをして
接するうちに仲良くなります。

 

以降毎日が楽しくなりました。

 

しかしヤマモトという同級生は
海外にいることがわかって…。

 

じゃあこの人誰?

 

ヤマモトの名前で
ネット検索したら、出て来たのは…

 

3年前に過労自殺した男で…!?

 

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」の登場人物

青木隆…工藤阿須加

結構いい大学を卒業しましたが、
いい企業には入れませんでした。

一流企業に入った同級生が
羨ましくて悔しくて仕方ない。

友人たちと仕事の話をするのが
いやで飲み会など断り続けています。

相当疲れ果てていて、
そこがすごーくリアルです。

共感できるところが
ありまくりで、
隆の姿は身につまされます…

 

ヤマモト…福士蒼汰

関西弁、明るくてノリがいい。

一緒にいると楽しくて、
隆は癒されます。

いろんなアドバイスもくれて、たとえば
「休みの日でもちゃんとおしゃれしろ」
などと隆に言います。

アドバイス通りにしてみると
気持ちがしゃきっとしたり
周りからの評判がよかったり…

ヤマモトが言うことは
的を射ているから隆もどんどん
元気になっていきます。

ただひとつわからないのは…
アンタ誰???

もしかして…幽霊なの…?

 

ネタバレなしの感想を

「元気が出る物語なんです!」
と言うと、月並みですが。

 

本当に元気が出ます(笑)

 

「ジーンときて、泣けます」
と言うと、やっぱり月並みですが。

 

本当にジーンときて泣けます(笑)

 

「主人公に共感できた」
と言うと(以下略)

 

すごーく温かい物語です。

 

どんな仕事をしている人でも、
「あー明日仕事行きたくないな」
って思ったことはあるのでは?

 

私はありますよ~昔にね…

 

もう嫌になるぜって
ため息をつきたくなったことがね…

 

隆がこんな歌を作ります。

 

一週間の歌 作詞作曲 青山隆

月曜日の朝は、死にたくなる。
火曜日の朝は、何も考えたくない。
水曜日の朝は、一番しんどい。
木曜日の朝は、少し楽になる。
金曜日の朝は、少し嬉しい。
土曜日の朝は、一番幸せ。
日曜日の朝は、少し幸せ。
でも、明日を思うと一転、憂鬱。

以下、ループ

 

もうこの歌がね~
気持ちがわかりすぎてつらい(笑)

 

考えてみると、
学生の頃って友達と集まって
バイトの愚痴が出るとか
あんまりなかったんですよ。

 

でも社会人になると、
飲み会の場が
だんだん仕事の愚痴大会に
なりませんか?(笑)

 

「こんなクレームつけてきた客がいた!」
とか、
「上司にこんなこと言われた!」とか。

 

一方で
「最近成績伸びて嬉しいんだよね~」とか
「お客さんに感謝されてさ~」
なんていう幸せエピソードも登場。

 

どんな人でも仕事のやりがいや楽しさと
つらさの間で
毎日がシーソーゲーム状態に
なっているんじゃないでしょうか。

 

ここが複雑ですよね~

 

仕事は生活のためだけじゃなく、
楽しい部分もあるから
辞められないんだろうと思います。

 

あと、お給料もらえますしね!(笑)

 

それでもやっぱり、
つらいときは本当につらい、
それが仕事ってやつです…

 

それがお金をもらうってことです…

 

「泣きながら仕事した」なんて話も
よく聞きますものね~。

 

過労自殺が起きてしまった
痛ましいニュースを
耳にすることも多くなりましたよね。

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」は
世相を読んでいるところも
すごいなと思います。

 

外で働くのだけが
つらいわけじゃなく、
専業主婦も、家事や育児を
無給でやらなきゃいけない
つらさがあると思うんです。
(しかも休暇なし)

 

とにかくどんな仕事にも
つらさやきつさはある…

 

だから
「ちょっと今から仕事やめてくる」
を読むと…

 

本当に本当に、
励まされると思います!!!

 

ヤマモトの言うこと、
すっごく心に響くんですよね…

 

隆が大切なことに気付いていく
過程とか…

 

不覚にも涙が!!!

 

電車で読まなくてよかったです(笑)

 

この物語のすごいところは、
謎解き要素が絶妙に
からんでいること。

 

そしてそのカラクリが
「ほぉぉぉ~そうきたかぁぁぁ!!!」
って感じなんです。

 

働いているすべての人に読んでもらいたい!!!

 

これから働くであろう
学生さんも、
将来追いつめられることがないように、
この本を手元に置いておいてほしいなと
思います♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

これだけ面白い原作なら、
映画も絶対面白いだろうと
期待しています!!!

 

ちなみに
「ちょっと今から仕事やめてくる」は
北川恵海さんのデビュー作だそうですよ。

 

第21回電撃小説大賞
「メディアワークス文庫賞」
を受賞されたそうです。

 

デビュー作でこれだけの完成度って、
すごいな~。

 

サイトで「ちょっと今から仕事やめてくる」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ちょっと今から仕事やめてくる」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© DoraDorama.com , 2017 All Rights Reserved.