櫻子さんの足下には死体が埋まっているの動画無料視聴!ネタバレと感想も

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」
なんとも興味を惹かれるタイトルですよね。

 

標本士の櫻子さんが、
死体の骨格などを見て
警察よりも早く事件の真相に行き着く…、
そんな内容のドラマです。

 

というわけで、第1話〜最終話まで
あらすじと感想付き(多少ネタバレアリ)で
追っかけていきたいと思います。

 

動画の無料視聴方法についても
後半に書いているのでチェックしてみてください♪

 

櫻子さんの足下には死体が埋まっているってどんな話?

九条櫻子は、骨格標本を組み立てる
「標本士」という日本にも
数人しかいない職業の女性です。

 

お手伝いさんがいる豪華な邸宅を見ると、
とってもお金持ちのようです。

 

警察が世話になっていた法医学の設楽という
権威の先生の姪だということもわかりました。

 

一方、このドラマの主人公は、館脇正太郎です。

 

博物館の技術補佐員に
就職したばかりの正太郎は
流されやすい性格ながら、
人の気持ちを尊重する優しい青年です。

 

1話では、動物の骨に混ざっていた
何かに気付き正太郎と現場に向かった櫻子が、
ある女性の死体を発見します。

 

先入観に縛られず骨と向かい合った櫻子が、
女性は自ら命を絶ったいう真実に辿りつくのでした。

 

▼▼▼ドラマの無料視聴や見逃し配信はコチラ▼▼▼

 

1話のネタバレと感想

死体や骨にしか興味がなく、
人間の心に対しては冷酷に切り捨てる…
相当変わり者の櫻子さん。

 

正太郎はそんな櫻子に反発していたのですが、
実はちゃんとした理由がありました。

 

櫻子は、先入観に捕らわれずに、
目の前に見えているもので真実を追い求めたい
という信念を持っているんですねえ~!

 

実際、被害者の理想の人物像を自分の中で作り、
現実を見ようとしていなかった正太郎は、
櫻子にそれを指摘され、ハッとします。

 

櫻子が事件を推理する時の言葉、
「骨がまだ足りない」
「最後の骨を捜しに行くぞ」
これは今後も毎回で適そうですねー。

 

金田一少年の「謎はすべて解けた」の代わりに
指をぱきぱき鳴らして「骨がすべて繋がった」
というシーンが印象的でした!!

 

変人一辺倒だけではない櫻子さんに
次第に心を開いていくのであろう正太郎にも
今後注目ですね♪

 

櫻子への悪口を、代わりに植物に罵倒している
正太郎のシーンが可愛くてほっこりしました!

ドラマを無料視聴する方法

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は
フジテレビのドラマです。

 

フジテレビの番組ということで、
フジテレビオンデマンドのFODプレミアム
で動画配信されています。

 

1ヶ月間の無料お試し期間を利用すれば、
その他にもたくさんのドラマや映画、
アニメ等の無料視聴が可能です。

 

 

最新作のドラマやバラエティ番組は
放送後最大7日間無料という
「プラスセブン」で視聴できます。

 

ですから他にも現在放送中の春ドラマ、
「CRISIS(クライシス)」
「貴族探偵」「犯罪症候群 Season1」
「人は見た目が100パーセント」
「きみはペット」などは全てFODで
視聴ができるのでチェックしてみると良いですよ。

 

FODの詳細については
こちらの記事をご覧くださいね♪

 

FODプレミアムのメリットデメリットまとめ!退会や解約方法は?

 

2話のネタバレと感想

正太郎はある日、コンビニで
迷子になっている女の子を保護します。

 

左手に骨折したまま放置された形跡があり、
虐待の疑いがありました。

 

その子の家に行ってみると
母親が殺されており、
櫻子の推理を繋ぎ合わせた結果
母親は命が尽きる最期の瞬間まで
その子と、その子の妹を
守っていたことがわかりました。

 

櫻子がいつも言っている、
「真実だけを見ること」がここでも
発揮されました。

 

今回気になったのは、櫻子の過去です。

 

ばあやの話によると、
正太郎と同じ名前の
弟がいたらしいんですよね!

 

弟は亡くなったのか?
それがきっかけで櫻子は標本士になったのか?

 

また、正太郎の働く博物館の所長は
以前先生だったみたいですが、
何やら生徒とトラブルがあって辞めたようですね。

 

このあたりも次回以降進展がありそう♪

 

3話のネタバレと感想

3話は悲しいお話で、号泣してしまいました!

 

恩師・佐々木先生がなくなり、
櫻子が遺品を整理していたところ、
その中から人の骨が見つかりました。

 

櫻子の推理により、それは
佐々木先生の教え子であり高校生の
入山の母親の骨だったことがわかりました。

 

佐々木先生と入山の母親が
知り合ったのは偶然でした。

 

母親が不治の病だということを
知っても最後まで愛した佐々木先生。

 

手放した息子を最後まで
気にかけていた入山の母親…。

 

櫻子の推理のおかげで、息子の元に
骨が戻ったのはすごく良か幸せなことです!

 

飼い猫まで解剖して
標本にしちゃうなんて
なんて櫻子は人の心がないんだ!と
正太郎は呆れるのですが、それは違いました。

 

骨になっても標本にしてでも
ずっと傍に居たかったんですねえ。

 

人の心が分からないと
思われがちな櫻子ですが、
とても胸に刺さる台詞を言っていました。

 

佐々木先生を羨ましいと言った所長に、
「なぜ嫉妬する?お前と佐々木先生は別の人間だろ?」と。。

 

本当にそうですよね。

 

自分は自分でしかないから、
誰にどう思われようと
自分の道を行きたいものです!

 

4話のネタバレと感想

今回は「家族・夫婦」がテーマでした。

 

「恨みあっていても夫婦は、死ぬまで夫婦。
それどころか、死んでもずーっと夫婦なのよ」
という言葉がとても印象的でした。

 

自然の森博物館のオーナー東藤と、
妻・娘・息子たちは、
横暴な東藤の性格により
ギクシャクした歪んだ家族でした。

 

その東藤が、櫻子や正太郎も呼ばれた
東藤の誕生日会前夜、死亡します。

 

恨まれて殺されたと思われましたが、
櫻子の見解は、病死。

 

しかし、実は病死と見せかけて、
飲み合わせが悪いことを承知で
薬を飲ませていた、妻の犯行だったようです。

 

そして、なんと、東藤も、
それを受け入れていた…。

 

なんとも悲しい事実でした。

 

一方、櫻子の孤独な人生が見えてきて
正太郎は櫻子に歩み寄ろうという態度に
変わり始めました!

 

櫻子が事故死で失った弟に、
自分が似ていることも
関係しているかもしれません。

 

いままでは、あんな女ありえねー!
という態度でしたが、櫻子に
対する目が優しくなった気がします。

 

次回は、館長が引き摺っている過去、
失踪した一重(ひとえ)のお話です。

 

楽しみですー。

 

5話のネタバレと感想

正太郎の働く博物館の館長・磯崎は、
かつての教え子・一重の行方を追っていました。

 

磯崎に「消えるから」と電話をかけたあと、
行方がわからなくなっていたからです。

 

磯崎がまだ高校教師だった頃、
仲良かった3人組(一重・二葉・三奈美)のうち
二葉が失踪する事件がありました。

 

家庭環境が悪く
いつも死にたいと言っていた二葉の自殺、
ということになっていましたが、
実際は、一重が心中を迫られたあげくに
二葉を殺してしまったという
過去が明らかになりました…!

 

櫻子さんが、埋められた二葉の骨に、
骨折のあとを発見したことから発覚しました。

 

骨だけで状況判断ができる櫻子さん、
やっぱりすごい…。

 

事件は一件落着したように見えましたが、
まだ続きがありそうです。

 

二葉の白骨が出てきた土のそばから、
なんと別の人物の骨が!!

 

しかも、蝶形骨が抜き取られている…??

 

なにやら一重が付き合っていた
男の存在が関係ありそうです。

 

来週も楽しみです。

 

6話のネタバレと感想

館長・磯崎のかつての教え子・一重が
親友の二葉を殺害した事件は、
前回で幕を閉じたように見えました。

 

しかし、まだ終わりではありませんでした。

 

なんと黒幕がいたのです!!

 

黒幕の男が一重も二葉も
それぞれを洗脳し、一方が一方を
殺すように仕向けたようです。

 

しかも、男の目的は、頭蓋骨にある蝶骨…!

 

さらに二葉以外の
他の遺体も発見されました。

 

刑事の山路らが男の居場所を
突き止めて男の家に辿り着きましたが、
時すでに遅し。

 

男は服毒自殺をしていました。

 

山路は弟の事件のこともあり、
死んだ男に怒りを抑えられません…。

 

感情が溢れているシーンは
とても切なかったです。

 

このタイミングで男が自殺するなんて…

 

他の誰か、第三者に消された
可能性が高いと思いませんか…?

 

櫻子も同じように感じたようです。

 

蝶骨を切り取った切断面が
とてもきれいなこと、
珍しい蝶の写真の存在を思い出し、
蝶形骨を奪ったやつがほかにいる…
と考えました。

 

自分で動かず洗脳して相手を動かす、
そんな卑怯な奴、
絶対に追い詰めてほしいですね!!

 

7話のネタバレと感想

今回は珍しく死体が登場しない回でした!笑

 

いつも殺人事件の現場に現れる
刑事さんペア・山路さんと近藤さん。

 

その近藤さんはある日
気鋭の作曲家である同級生の
藤岡に再会しますが、
彼は「自分はもうすぐ死ぬ」と言い、
悩んだ様子でした。

 

そのことが心配で、調べていた近藤さんと、
一緒に原因を探ることになった正太郎。

 

「呪いなんてものは存在しない!」
と櫻子に一蹴してもらいたくて、
正太郎は櫻子を連れて
藤岡の元に連れていきます(笑)。

 

ところが、最近不調が続いていた原因は、
半年前に購入した絵画が原因の
ヒ素中毒だったんですねー!

 

わずかな手がかりだけでそこまで
辿り着いちゃう櫻子さんはさすがです。

 

結局、黒幕は藤岡と共同経営者だった
マネージャーの男でした。

 

呪いだと怯えている藤岡を見て、
ちょうどいいから呪いのせいにして
殺しちゃおうとしていた…

 

なんて悪い奴!!!

 

殺人は未遂で終わり本当に良かったです。

 

8話のネタバレと感想

弟の死を今でも引きずっている櫻子が
心配でたまらない正太郎は、
「ぼくと楽しい思い出作りませんか?」
櫻子に提案し続けていました。

 

そしてついに…、
櫻子さんが正太郎に心を開きました!

 

その様子を伺っていたばあやも感激っ…!!

 

叔父は、アトラス(第一脛椎)のほかにも
櫻子の人生を支える骨が必要だと言っていました。

 

そんな存在にようやく近づいた正太郎。

 

しかしその矢先に正太郎は、
櫻子を庇って刺されてしまうのです!!

 

遺体から蝶脛骨が抜き取られる不可解な事件を
叔父から引き継ぎ調べていた櫻子。

 

20年前に犠牲となった臼斑日和とい女性を
自殺に見せかけて殺したのが姉だと気づきます。

 

しかしほかの事件と同様、姉をそそのかし、
蝶脛骨を抜き取った黒幕がいるようです。

 

そこまで辿り着いたところで、
正太郎はその姉にナイフで襲われてしまいます。

 

奇しくもそのとき初めて正太郎に
「正太郎っ!!!」と呼びかけた櫻子…。

 

ストーリーもいよいよ大詰めですねえ。

 

最終回は仲良しな二人の姿が見たいです!

 

9話のネタバレと感想

蝶形骨を抜き取られた死体が相次いで見つかり
その犯人を追っていた櫻子と山路刑事たち。

 

黒幕を知っているはずの臼渕を逮捕しますが、
臼渕は「全部私がやった」とすべての罪を
自分がやったことだと言い張ります。

 

しかし臼渕は背後にいる謎の男性に電話し、
「心配しないで」と話していました。

 

一方、櫻子を庇って臼渕に刺された正太郎は、
余計な事をしてしまった…と櫻子に
会いに行けなくなっていました。

 

そして櫻子の方は、
人と関わろうとすると人を傷つけてしまうと
また殻に閉じこもっていました。

 

お互いを想うゆえに会えなくなってしまう2人…。

 

切なくて涙が込み上げてしまうシーンでした。

 

櫻子の叔父・設楽教授の
助手である青葉がすべての黒幕…。

 

そんな可能性が示唆されたところで
9話は終わってしまいました!

 

次回ついに最終回!

 

櫻子と正太郎の師弟愛の行方もですが、
ほんのり両想いオーラが出てる愛理と
正太郎の恋の行方も気になります♪

 

10話のネタバレと感想

櫻子さん最終回は、蝶形骨事件の黒幕・
青葉英世との直接対決でした。

 

青葉が殺人教唆していたのは明らかなのですが、
物的証拠がなく、逮捕に踏み切れない警察…。

 

そんな状況に苛立ちを覚えた櫻子は、
自ら青葉と直接話に行っちゃうんですね…。

 

ストレートな櫻子さん、
最後までブレなくて素敵です!!

 

余命わずかな櫻子の叔父の設楽教授は、
助手の青葉を止められなかった自分を責め、
青葉を説得にかかっていました。

 

そして、最後の一世一代を掛けた芝居で
青葉を嵌め、証拠を掴みます!

 

自分の携帯電話に音声のやり取りの証拠が
あると見せかけて気を引き、
本当は地図帳に隠したボイスレコーダーで
青葉の自供の証拠を録音していました。

 

そして設楽教授は安らかに旅立ちました。

 

オーストラリア転勤になった磯崎の元に
「クリスマス一緒に会いに行く?」
「どうせ暇ですよね?」と愛理が
バカにしたような口調で正太郎を誘いますが、
鈍感な正太郎はやはり気付かず…。

 

期待した2人の進展はなしでした…!残念!

 

ワイワイ楽しい雰囲気でドラマ終了しましたね☆

 

櫻子さんドラマの続きはあるんでしょうか?

 

続編作れそうな終わり方だったので、
ぜひまた博物館の皆に会えることを祈っています♪

 

▼▼▼ドラマの無料視聴や見逃し配信はコチラ▼▼▼