ドラマミステリーズ原作小説との比較や感想!違いや結末は?

4月22日に放送された
「ドラマミステリーズ」

 

3本のオムニバス、
全部面白かったですね~

 

私は事前に原作を読んでいたのですが
ドラマ版とは結構違ったので
ネタバレ知っていても楽しめました。

 

「ほぉぉ~
こういうふうに変えたのか!!!」
がたくさんあって
さすが犬童一心監督!!!って感じです。

 

今日は原作とドラマの比較について
書きたいと思います。

 

ネタバレ度MAXですよ!!!

 

「情けは人の…」

あらすじ

愛人の子で、父親に
育ててもらえなかった主人公。

ひょんなことから
復讐をかねて
正妻の息子を誘拐することになるが、
どんでん返しが待っていて…!?

 

原作はカラッとした感じで
全然怖くなかったのですが。

 

ドラマ版は、
コワイ、
コワイ、
コワかったよぉぉぉ~~~!!!

 

なかでも昌彦役の大西くん…

 

まだちっちゃいのに…

 

子役なのに…

 

サイコな演技がうますぎて
本当に怖かったです…!!!

 

(でも子供にあんな役を
やらせて大丈夫かしら???)

 

ドラマ版では
ナイフ持ってガチで
主人公を殺そうとしていましたね…

 

原作では殺意が
なくはなかったけど、
あんな本気の感じじゃなかったですよね。

 

手を下すのも赤堀の予定だったし。

 

それなのに…

 

まさかの昌彦がぁぁぁ!!!

 

襲ってきたぁぁぁ!!!

 

でも勢いで階段からダイブ、
よかったです!!!
(よくないけど)

 

あのまま主人公にケガを
負わせたらどうしようって
思いましたよ…。

 

昌彦が赤堀と連絡がつかなくなり
苛立つ演技とかも、
本当に怖くて…

 

彼はすごい役者になることでしょう。

 

あと、
原作では健史と実父との
感動の再会を示唆して
ラストとなりましたが。

 

ドラマ版ではそれはなかったようですね~

 

尺が短いから仕方ないかな?

 

あのハッピーエンドが
オススメなので、
ぜひ原作と合わせて
読んでみてほしいです♪

 

健史の背景も原作とは
少し違いましたね。

 

ドラマ版では
借金に追われているようでしたが
原作では遺産で
結構リッチでしたもんね。

 

「金に困って仕方なくやる」感を
出すためでしょうか。

 

あと本当細かいところですが
健史の名前が違いましたね!

 

原作では「けんじ」と
ルビがふられていたのですが
「たけし」になっていました。

 

赤堀に「タケちゃん」という
ニックネームをつけられていて。

 

「ケンちゃん」より
「タケちゃん」のほうが
イメージに合っているから
読みを変えたのかもしれませんね。

 

一番気に入ったところは
三世代のイケメンを堪能できる
ドラマだったこと(笑)

 

原作では当たり前だけど
顔が見えないですもんね。

 

ドラマ化したときのいいところは
ここですよね~♪

 

原作小説について詳しくは
こちらの記事をご覧ください。

 

情けは人の(ドラマ)の動画無料視聴方法!原作小説のネタバレも

 

妻の女友達

あらすじ

妻と娘命の公務員が主人公。

妻は女友達の家政婦を始めます。

妻を取られたように思った
主人公がとった行動とは…?

 

原作での主役のイメージは
七三でメガネでぱっとしなくて…
という感じ。

 

主演が大泉洋さんと聞いて、
あのクルクルヘアーは
あまり公務員っぽくない
印象だな~っと思いました。

 

あと原作の主人公の雰囲気より
明るいイメージで
ちょっとミスマッチかな?
なんて思っていたんですよ。

 

でも実際にドラマを観てみたら…

 

大泉さんのコミカルな雰囲気と
やらかすことの不気味さとの
ギャップが、
なんとも言えない
シュール感を生み出していて…

 

すごくサイコで!!!

 

病み付き状態に!!!

 

大泉さんって
すごい役者さんなんですね…

 

女友達役の高岡早紀さんも
ゴージャスな美人で
役に合っていました!!!

 

戸田菜穂さんは
原作だと不美人設定なので
美しすぎるかなと思っていましたが…

 

ドラマではちゃんと華を消していて
やっぱりイメージ通りでした!!!
(それでも美しいけど笑)

 

ラストのネタバレを思いっきりしますが…

 

原作だと、奥さんの勝利って感じです。

 

実は奥さんに裏切られていて、
殺人という弱みを握られた主人公が
捨てられる…

 

そんな終わり方。

 

でもドラマでは…

 

大泉さん、ニコッと笑って
「(僕が刑務所に入っても)
待っててくれるだろ?」

 

キャーッ!!!

 

サイコ!!!

 

呆然とする奥さんを
完全に食っちゃっていましたね(笑)

 

しかも両手を広げて、
「キリストかよっ」って
ポーズでした。

 

このポーズが
本当にシュールでコワくて…

 

大泉さんの不気味な微笑みが
マッチしすぎていて!!!

 

原作の終わり方も好きだったけど、
ドラマ版のほうが気に入りました(笑)

 

主人公のサイコ感が
奥さんの復讐に勝利していて
そこがなぜかすがすがしいという(笑)

 

大泉さんの演技力を堪能できる
ドラマでしたね♪

 

原作小説について詳しくは
こちらの記事をご覧ください。

 

妻の女友達ドラマ原作小説のネタバレと感想!無料視聴や見逃し配信は?

 

恋煩い

あらすじ

高校時代の同級生と
付き合っている主人公アキ。

でも最近彼氏のシュンは
誰だか知らない人と
連絡を取り合っている様子で…?

 

これが一番
原作と大きく違いましたね!!!

 

原作では舞台が高校で
全員高校生でしたもんね。

 

ドラマではみんな大人になっていて、
高校時代を回想する形でした。

 

回想しながら新たな事件が起こり
高校時代の事件の真相も
明らかに…!?
という感じ。

 

多分原作に忠実にすると、
最後のネタばらしが
全部せりふの説明になっちゃって
ドラマにしにくいからかなと
思いました。

 

ドラマ版もスリリングで
面白かったです。

 

しかも何人かの登場人物を
「もしかしてこいつが犯人では…?」
ってうまーく思わせるんですよ。

 

「原作とかなり違うから、
もしや犯人も変えているの??」
とドキドキでした。

 

例によってネタバレ全開ですけども、

 

トーコまさかの自殺!!!

 

アキが刑事に関係を聞かれて
「友達です…」と言ったら
有名な「スタンドバイミー」の
音楽が流れて…

 

この演出心憎いですね!!!

 

友達だと思っていた子に
ずっと命を狙われていたという悲しみ…

 

友情を描いた
「スタンドバイミー」の映画を
思い出して
せつなくなってしまいましたね。

 

原作では友達に裏切られていたという
ショックを描写する前に
スパッと物語が終わるんです。

 

あの潔さにもかなり
ハマったんですが、
ドラマ版もなかなかよかったですね♪

 

原作小説について詳しくは
こちらの記事をご覧ください。

 

恋煩いドラマミステリーズの動画無料視聴方法は?原作小説のネタバレも

 

役者の演技とカメラワークが最高だ!

いかがだったでしょうか。

 

どのドラマも役者さんが
演技うまい人ばっかりで、
ますます面白くなっていましたね。

 

あとどのドラマも
映像とかカメラワークが
かっこよかったんですよ。

 

各ドラマで
色調を変えていたり。

 

同じドラマの中でも
登場人物の心境に合わせて
映像の雰囲気を変えたり。

 

天候や光の調子を変えたり。

 

細部にこだわりを感じました。

 

原作読んだ人にも
是非観てみてほしいな~と思います。

 

▼▼▼ドラマの無料視聴や見逃し配信はコチラ▼▼▼