ナムダルム(子役)の現在の年齢は?プロフィールや出演作品をチェック

今回は私が最近気になっている
実力派子役俳優のナム・ダルムさん
について語りたいと思います!

 

ナム・ダルムさんは
韓国版『花より男子』でデビューしました。

 

子役としてトップクラスの人気と
多忙な生活を送られています。

 

それでは早速ナム・ダルムさんの
プロフィール、経歴など紹介しますね〜

 

ナム・ダルムのプロフィール

名前:ナム・ダルム(남다름)
生年月日:2002年6月13日
学歴:チョンチョン小学校以降不明

 

ナム・ダルムの出演作品や経歴は?

2009年『花より男子』-ユン・ジフ(キム・ヒョンジュン)の子役

ナム・ダルムさんはこの作品で
花沢類の少年役を熱演しました。

この作品で本格的に
子役デビューを果たします。

まだまだ7歳頃ということもあり、
幼さがありますよね。

ただ、今作で出演される俳優さんや
他の子役さんから、学ぶように
必死に演技をされていたそうです。

そのひたむきさが、あの子役とは思えない
繊細な表情を生むのだと感じました。

 

2014年『ビッグマン』-カン·ドンソク(チェ・ダニエル)の子役

本作は孤児で育ったある男が、
ある日を境に巨大企業の
息子として生きることに。

次第にその家族の陰謀により、
自分は利用されていると気づきます。

そのためジヒョクは自身と、
守るべき大切な人のため
戦いを繰り広げる復讐を誓います。

ナム・ダルムさんは本作で
何不自由なく生きてきた
カン・ドンソクの幼少期をを熱演しました。

幼少期ということもあり、
ドラマで出てくるシーンも
少ないのですが、少ないながらも
印象深い演技で話題になります。

裕福な青年役ということもあり、
幼少期は自由奔放とも
見える生活を送っていました。

ですが、その反面彼には「孤独」との
戦いがあったのではないかと、
彼の演技を通して感じました。

 

2014年『ピノキオ』-チェ・ダルポの子役

ナム・ダルムさんは、
ダルポの幼少期を演じます。

ダルポは幼少期にある事件がきっかけで、
養子縁組をすることになりました。

私が彼の演技で圧倒されたシーンは
養子縁組後に、目上の男性を弟として
迎えるシーンです。

くったくのない笑顔で、話しかける姿は
まさに彼の演技力の高さなのだと感じました。

複雑な状況下に立たされながらも、
誰よりも笑顔で振る舞う姿から、
目が離せませんね♪

 

▼▼▼韓流ドラマの無料視聴ならココ▼▼▼

 

子役時代からの活躍をチェック!

ナム・ダルムさんは韓国版
『花より男子』で
子役デビューしました。

 

その際に演じたのは、花沢類役。

 

役名はユン・ジフ
(キム・ヒョンジュン)役でした。

 

ヴァイオリンを演奏する姿は、
本当に印象深かったです。

 

韓国にこんなにも美形な子役の子がいるんだ!

 

とも感じることができる、私にとっても
衝撃的なデビュー作品でした。

 

他には『ピノキオ』でイ・ジョンソクさんの
子役時代を演じます。

 

彼とイ・ジョンソクさんの目の表情から
口の開けた感じまで、そっくりそのままでしたね。

 

 

出演作を見るたびに、「大きくなったな!」
と親のような気持ちになってしまいます。

 

2002年生まれなので、
2017年6月で15歳を迎えます。

 

幼い表情から、1人の男性として
みるみる成長される彼から目が離せませんね♪

 

まとめ

ナム・ダルムさんはわずか7歳頃に
デビューされ、早いもので8年経ちます。

 

あまりにも話題作にひっきりなしに
出演されていることもあり、
「学校はどうしているのかな?」なんて
思ってしまうほどです。

 

デビュー頃は、あどけなさがありましたが
今では立派な好青年ですよね。

 

まだまだ10代ではありますが、
演技力に定評がある彼から今後も
目が離せませんね♪